新時代のFXで勝つために

レバレッジ規制が変わったFXで勝つために

レバレッジ規制が変わったFXで勝つために FXで有名なのは、高いレバレッジです。
これは運用する資金の数倍から数十倍もの金額の取引を行うことによって、巨額の利益を出せることにつながります。
実際に日本の主婦が非常に大きなレバレッジを効かせることで、巨額の利益を得たニュースも流れたものです。
けれども、リスクも当然ながらその分増加することにより、破綻するFX取引を行う投資家も増加して問題になった経緯があります。
その後、レバレッジ規制がかかるようになり、かつてのようには少ない資金で巨額の取引はできなくなっています。
それでも着実に利益を生み出す投資家はいます。
そのような基本的な取引に関する技術を学ぶには、FXセミナーが利用できます。
ここでは基本的な取引の方法に加えて、チャートを読むことによる売買のテクニックも学べるようになっています。
たとえレバレッジを大きくかけなくても、損失を出さずに利益を積み重ねることができることをFXセミナーを通して知ることができます。

外貨預金より有利なスワップ

外貨預金より有利なスワップ FXの取引に興味を持ち、FXセミナーを受ける場合がありますが、ここでは、仕組みやメリット、注意点など、取引における様々な内容を聞くことができます。
FXセミナーで説明が行われる内容の1つに、スワップに関するものがあります。
通常、外貨預金においては、例えば、新興国などの高金利を目的としたり、そこまでの高金利では無いにしても、米ドルでの預金利息を目的として行われています。
FXにおいては、同じ利息を得る場合でも、ここでは、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買うときに発生する金利差、いわゆる、スワップポイントを狙うことができます。
スワップポイントはFXでも高い人気があり、仕組みとしては、例えば、豪ドルで4.25%の金利で日本の金利が0.1%であれば、円を売る場合に、金利差となる4.15%を加算して取引を行うことができるようになっています。
つまり、豪ドル90円であれば、4.15%の金利を加えることで1万通貨の購入では37,350円の利益が付くことになり、1日あたりとしては102円の金利が付くことになります。